女性起業家応援

jyosei

女性ならではの責任感、仕事の丁寧さ、独自の発想も多くの企業で認められ、働く女性の社会的地位も上昇し続けています。
特に最近は、自ら起業する女性も急増しています。
女性起業家が増える昨今・・・何から始めればいいの?そんな女性起業家の方々を当センターは徹底的に応援致します!!

会社設立までの流れ

女性起業家に人気の起業業種

当センターの女性起業家の方の起業業種ですが介護サービス・ハウスクリーニング・ネットショッピング・デザイナー・学習塾・エステ等、時代のニーズに合わせた業種で起業される方が増えました。

起業するのに伴う困難やリスク

成功した女性たちの話を聞くと、とても華々しく思える起業ですが、もちろんそこには困難やリスクも伴います。
まず1つは、「すべて自分でやらなければいけない」ということ。
起業する人の大半は「人に雇われて仕事をするのが嫌だ」という思いを少なからず持っていると思います。
しかし、自分で会社を起こすとなると、すべての責任が自分の肩にのしかかってきます。
これほど大変なことはなかなかありません。
一人で起業して失敗する分にはまだ良いですが、事業を拡大して従業員を雇えば、その全員の生活を守らなければいけません。
その覚悟がないのであれば、下手に起業はしない方がずっと楽でしょう。
また、得意ではない仕事もしなければいけないという大変さもあります。
たとえば経理や帳簿もそうですし、従業員のマネジメントやシフトの管理など、経営にも携わらなければいけないのです。 取引相手を見つけるためには営業力も大切です。
当センターは起業のお手伝いをしたら終わりではありません。
起業後の経営も全力で応援させて頂きます!!

起業時にお勧めの経営支援ソフト 1年間の税務顧問の流れ

起業時の創業融資・助成金について

女性の起業家だけではなく、開業する時に、必ず必要になるのが「開業資金」です。開業資金として必要な金額は選んだ業態や、業務内容などによって大きく変動します。しかし大抵の場合は、決して安い金額ではありません。
独立を目指し開業資金を自分で働きながら貯めるのも一つの方法ですが、他にも様々な方法があります。自分のやりたいことに一番近づきやすい開業資金の集め方を選ぶと、開業もスムーズに進みます。

お任せ下さい!!当センターは創業融資にも強い!!そんな頼もしいセンターです。

女性の起業で気をつけるべきこと

起業の現状からみると女性の起業は「実現率」が高いが「廃業率」が高いというデータがあります。
•女性の新規開業数は年々、増加傾向にあります(男性の2倍以上)
•新規開業は無業からの開業が70%で管理職経験者は50%を下回ります。
•廃業率は男性のほぼ“2倍”です。

お任せ下さい!!当センターは経営革新等支援機関として国の認定を受けた公的な認定支援機関です。

 

 

toiawase

Copyright(c) 2010 神奈川県 会社設立支援センター All Rights Reserved.
Top