合同会社について

goudougaisha

毎月5社限定!!合同会社設立費用は総額で約105,000円!!

※会社の実印の作成を当センターにご依頼される場合、総額で約110,000円となります。

会社の種類

現在、日本の会社には「株式会社」「合同会社」「合名会社」「合資会社」の4種類があります。
この4種類のうち「合名会社」「合資会社」は現在作る人はまずいないといっていい状態のため無視します。
※以前は有限会社もありましたが、2006年5月に廃止され、新たに作ることはできなくなりました。

残る2つのうち、圧倒的にメジャーなのが株式会社です。誤解を恐れずに言うと、会社設立=株式会社というイメージすらあるのではないでしょうか。 「会社をつくりたい」という方の多くは、株式会社を設立することになると思います。

また、もう一つの有力な選択肢が合同会社です。

合同会社とは

合同会社とは、2006年5月の新会社法施行によって認められた、新しい会社の形態です。
もともと、この合同会社は欧米などにおいては株式会社に匹敵するほど活用されていた会社の形態で、日本においても有限会社の代わりとして登場しました。

この、合同会社の最大の特徴は、出資者の責任は有限責任で、意思決定方法や利益の配分が出資比率によらず自由に決められる点にあります。

出資した資金額に係わらず、知識やノウハウ・技術を提供した人は、資金を提供した人と同じ様に(或いはそれ以上に)リターンを受け取れる可能性があるのです。このように「人」が主体となっていることから、人的会社と言われます。

例えば、比較的少人数で、技術やノウハウを持ち寄って共同で事業を始める場合に、会社組織にはしたいけど、

株式会社のようにルールに縛られないで自由に会社運営をしたい!

簡単な設立方法で、費用もあまりかけたくない!

という方には特にお勧めできる会社形態です。

最低資本金額の規制もなく(資本金1円~設立可能)、有限責任社員が1人以上いれば設立することができ、費用も安いことから人気の会社形態となっています。

合同会社のメリット・デメリット

初回相談料無料です。お気軽にお問合せ下さい。

 

 

 

toiawase

Copyright(c) 2010 神奈川県 会社設立支援センター All Rights Reserved.
Top